MENU

福岡市・糸島市で外壁塗装、屋根塗装はU-PAINT、外壁塗装&屋根塗装専門店へ

まずはお気軽にお問合せください!

0120-92-7754電話受付9:00-18:00 (年中無休)

  • ショールーム来店予約 クオカードプレゼント
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ - 塗装の豆知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識

塗装の豆知識の記事一覧

ベランダ防水工事をしました!/福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

ユーペイントのベテラン職人池田のベランダ防水工事(ウレタン塗装)について シート?塗装?   福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイントスタッフの石瀧です☆ 昨日の☔を忘れてしまうようなお天気ですね! 風は強いので今日運動会の方は砂ほこりに気をつけてくださいね😥   ところで、皆さまのお家にはベランダありますか~? ベランダがあれば洗濯物を干したり、スペースが広ければバーベキューやひなたぼっこもできますね~😊 残念ながら石瀧🏠にはベランダがありません。。。😥 冬はベランダに干した方が洗濯物が乾きやすいんだろうなぁ~と羨ましく思ってます!(笑)     じつは、ベランダ防水工事は3種類あります!   ●シート防水   素材が塩化ビニル樹脂を原料とした防水シートをベランダ床に張ります。 このシートについては以前屋上の防水工事でお話させていただきましたね! \もう一度見たい方はこちらから/   色のバリエーションも。。。😊 黄緑色だと芝生の上にいるような感じになるのでしょうか?😋     ●ウレタン塗装   液体状のウレタン樹脂(防水塗料です)を塗るとゴム状で弾性のある防水膜が出来ます。 液体状なので複雑な形状をした場所でも継ぎ目のないキレイ✨な防水膜が出来るんです😊 ベランダの形状によってシートにするか?ウレタン塗装にするのか?も検討材料の1つになりますね!   ●FRP防水 繊維強化プラスチック(Fiberglass又はFiber Reinforced Plastics) こちらは新築の物件で使用されることが多いです! ガラスマットにプラスチック樹脂を塗って硬化させトップコートを塗ります。 工程は1~2日で、強固な性能を発揮する防水層が出来上がります。     ここ最近は朝方冷えてきたのですが、ベランダ防水工事した日は10/10(日) 福岡の最高気温32℃☀!暑かったんですよ💦 ベテラン職人 池田は暑い中、ベランダ防水工事(ウレタン塗装)をやっておりました。👇   before after   おぉー‼ 綺麗です✨さすがです😀塗装歴25年!✨ 持ち前の几帳面な性格で綺麗に仕上げます!👇 人の良さと柔軟性がある性格が見た目に出ていますね😉👇   今回、使用した塗料は、優れた耐候性と乾燥が速いことが特徴の日本特殊塗料株式会社のユータック👇   ちなみに2液型溶剤ウレタン樹脂塗料です。 2液って何か覚えてますか? 忘れてしまった方はこちらから   ユーペイントには腕に自信がある職人がそろっています。 コーキングが得意な職人。 塗装が得意な職人。 各自各々が責任と誇りを持って仕事に取り組んでおりますので、また作業内容を写真と共にご紹介したいと思います!   ショールームには職人紹介を飾っています! ぜひお近くにお越しの際はのぞいてみてください😉 お待ちしております。   福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel'] ユーペイントがお客様に選ばれる理由! 今後もユーペイントは、 お客様が安心して住み続けることができるお家づくりの貢献ができるよう努めて参ります! 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']        

2021.10.17(Sun)

詳しくはこちら

石瀧のつぶやき作業写真塗装の豆知識

外壁塗装ベストシーズン到来🏠|福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

外壁塗装ベストシーズン到来🏠 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡     早速ですが、外壁塗装のベストシーズンはいつだか知っていますか? 答えは『今でしょ✋』(どこかで聞いた言葉ですが…) ギャグではなく『今が一番のベストシーズンなんです!!』 以前にブログにも何度かお伝えしましたが、外壁塗装の塗り替えの目安は、10年程度と言われます。 外装塗装は春か秋がいいと聞いた事はありませんか? 外壁塗装の目安が大体10年といわれるのと同じように外壁塗装のベストシーズンがあります。 今回は、なぜ外壁塗装のベストシーズンが秋である今なのかお伝えしようと思います。   福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel'] 秋と春がベストシーズンな理由とは よく塗装は『秋と春がいい』と言われます。その理由は、降水量が少ないからです。つまり、雨の降る日が少ないからなんです。 そして、塗料が乾きやすいという理由もあります。雨が少ないこの時期は塗料も乾きやすく、工程もスムーズに進みます。 実際にユーペイントでも今の秋の時期から年末にかけては多忙を極めています。 一方、1~2月は降雪や霧によって塗装できない多い時期が多いので工程が中断する場合も出てきます。 地域によっては雪が降り積もり塗装ができない時期に入ります。 それに、6月~8月は雨が降りやすく、工事が中断し、塗装工事が長引く場合もあります。 そういった事から、秋と春は外装塗装の『ベストシーズン』なんです😃✨ 四季の傾向 春(3~5月) ・降水量が少ない ・職人も多忙 ・養生で窓を締め切ることになっても過ごしやすい   夏(6~8月) ・養生で窓を締め切ると暑い ・台風・ゲリラ豪雨が通過する可能性が多い ・梅雨でも雨が降っていなければ問題なく塗装できる ・雨が長引くと工期が伸びる   秋(9~11月) ・比較的降水量が少ない ・年内に工事を終わらせたい人が増える ・養生で窓を締め切ることになっても過ごしやすい   冬(12~2月) ・12月は忙しいが、1~2月は比較的塗装が少ない ・霧や雪が降ると塗装ができない ・日照が短く、1日で塗装できる面積が少なくなる ・春に向けての塗装依頼が多くなる   秋と春は『塗装のベストシーズン』と言いましたが、夏と冬は塗装ができないという事ではありません。 『気温5℃以下、湿度85%未満』 で雨や雪が降っていれば、塗装可能です。   福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel'] 外装塗装のベストシーズンとは 結論からいいますと、条件が整えば塗装は年中できます。福岡ではめったに雪も積もらないですし、塗装工事が止まることはありません。 一般的に塗装の硬化が適した条件は『気温15~30℃、湿度75%以下』と言われています。 福岡市・糸島市では塗装の硬化に適した条件に満たす 月は→4月5月6月10月11月 です。 覚えていてもらうと塗装時期の目安のお役に立つかもしれません🏠‼   外装塗装ができない条件 最後に塗装ができない条件をまとめたいと思います。 近年は、塗装の品質の向上によりオールシーズン塗装ができるようになりました。 しかし、以下の条件では塗装は難しいとされています。 ・気温5℃以下 ・湿度85%以下 ・結露している ・雨の日や雪の日 ・ゲリラ豪雨が来た日 なので、秋や春が外壁塗装に適した時期と言われています。 ですが、最近は上記に書いた様に急なゲリラ豪雨が降りだしたりと、急に天気が変わる事も多くなりましたよね。 今後は、雨が降っても雨に対する塗装業者の対応力が重要になってきます。 ユーペイントでは、台風の多い時期などは工程を上手く柔軟に対応できるよう工夫をしています。 塗装業者を選ぶ際はこういった事も柔軟に対応できる業者であるかどうかを見極めて依頼する事をお勧めします。 ユーペイントでは無料相談・見積を行っておりますので、お気軽にお越し下さい。   こちらをタップで来店予約👇   まとめ 家の外壁塗装時期は10年程度と冒頭でお伝えしましたが、塗装のでは塗り替えサインがあります。 以前のブログで(↓↓クリック) チョーキング・色褪せ・クラックについて のブログを載せておりますのでご参考下さい。 外壁は劣化の経過をみつつ、塗り替えのサインがでたら早めに塗り替えをお勧めします。   外壁塗装は年中できますが、秋や春の忙しい時期は塗装業者を抑えるのが難しくなります。 塗り替えを決めたら早めに時期を抑えておくことをお勧めします。   いかがだったでしょうか? 外壁にも塗り替えの時期があるように、塗装工事にもベストシーズンがあるという事、雨や雪、温度で工事が長引く場合もあるという事がお分かりになられたと思います。 是非、今後のご参考になれば幸いです😊     このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']  

2021.10.14(Thu)

詳しくはこちら

三村のつぶやき塗装の豆知識

火災保険ってなに?|福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

火災保険ってなに?   福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡   前回ご紹介した こちらのブログ↓↓ 外壁塗装にも火災保険が適用されるの?? 補助金を使って外壁のリフォーム🏡 では、ユーペイントでは多くの実績があり、外壁にも火災保険が使うことができるとお話しました。 その際の注意点などもお話しておりますので、ご参考にされて下さい。   今回は、火災保険とは? からお話したいと思います。 外壁とは少しずれるお話となりますが、 将来為、自分のお家を守るためにもご参考になれば幸いです。   まず、火災保険とは何でしょうか?? 自動車には『自動車保険』があるように、家にも保険が必要となります。 その一つが『火災保険』という事です。 『火災保険』とは、一戸建てやビル、マンションといった建物を保証します。 そして建物内にある家具なども保証対象となります。 『火災保険』は「保険の対象」ごとに加入する仕組みになっています。 『建物』だけに保険をかけた場合は、火事で家が燃えてしまった時に、 受け取ることができる保険金は『建物』が受けた被害の分だけになります。   火災保険適用範囲は? 実は『火災保険』は火災だけが適用されるんではないんです。他にも適用されるケースがあります。 火災 風災・ひょう災・雪災 水漏れ 落雷 衝突 水災 破裂・爆発  などあります。もし起こりうることがあるとしたら、自然災害が多いのではないのでしょうか?   台風もその一つです。 台風の被害は私たちに大きな影響をもたらします。 台風の被害を受けた場合は『火災保険』が適用されます。 台風の被害に関しては上記に上げた、『水災』『落雷』『風災』などその場合に適応した保険が使われる事となり台風の被害状況によって異なります。 台風の場合の被害の種類 『水災』 台風、暴風雨、豪雨などによる洪水。洪水。融雪洪水。高潮。土砂崩れ。落石などによる被害 『落雷』 落雷による損害 『風災』 台風、突風、竜巻、暴風などによる被害 このように台風の被害状況によって『火災保険』の種類も変わってきます。   火災保険で対象とされる対象物 『建物』 ・屋根→台風の暴風雨により屋根瓦が破損してしまった。台風で屋根が飛び、破損した。 ・外壁→台風の暴風雨により外壁が破損した ・窓→台風による風圧で窓が飛散した。台風で突風や強風が吹き、飛来物が原因で窓ガラスにヒビが入った ・床→台風による局地的な大雨で排水があふれ、浸水した ・カーポート→台風の強風でカーポートの屋根が破損した   『家財』 ・家具→台風でドアが破損して家の中にある家具が雨にぬれた ・電化製品→台風の影響で雷おち、電化製品が壊れた ・自転車→台風の突風によって自転車が倒れて破損した    しかし、保険内容を『建物』だけ、『家財』だけにした場合は、その保証だけしか受け取ることができません。   火災保険の保証が受けられないのはどのような時? 前回のブログでもお話した通り ・経年劣化によるひび割れや塗膜の剥がれ ・施工業者による施工ミス ・人為的な引っ搔き傷など ・保険の免責金額まで達していない場合 ・施工して数か月しか経過していない場合 ・損傷から3年以上経過している場合 が上げられます。 建物の経年劣化や老朽化によって、建物内部や家財に水ぬれなどの損害が発生した場合は、補償の対象にはなりません。 保険金の請求期限は保険法で3年とされているため、被害に遭ったら速やかに保険会社に連絡したほうが良いでしょう。 保険会社によっては、法律とは異なる請求期限を設けていることもあるため、 保険請求期限の時効についてあらかじめ確認しておくと安心だと思います。   火災保険に加入していることを忘れていた そもそも火災保険に入っていることを知らなかった などの理由で事故の連絡が遅れてしまった場合、時効が過ぎてしまっていても請求が認められる可能性もあります。 気付いた時点で保険会社に問い合わせてみるといいと思います。   まとめ 『火災保険』について今回はお話させて頂きましたが、いかかがだったしょうか?   分かりやすく台風を例えに上げてお話させて頂きましたが、この他にも沢山の事例がございます。 保険会社によっても細やかな内容は違ってきます。   自然災害などでこれは『火災保険』が使えるかも? と、思ったらすぐに保険会社に連絡をいれ業者などの診断を受けた方がいいかもしれません。 自分で補修できると考えて自分で補修を行ってしまうと『火災保険』が適用されない場合があります。 お気をつけ下さい。       このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel'] こちらをタップで来店予約👇

2021.10.13(Wed)

詳しくはこちら

助成金・補助金三村のつぶやき塗装の豆知識

1液ハイポンファインデクロで錆止めしました!/福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイントスタッフの石瀧です☆   本日はユーペイントのベテラン職人池田の錆止め施工についてお話をさせていただきます。   10/1(金)糸島市某所にて錆止め作業中 もちろん安全第一でヘルメット着用しての作業です。👇     あれあれ?これ金属ではなく木部ではないですか?🤔 錆止めって金属の劣化を防ぐためにするんでしょう?って思いますよね! 以前の私もそう思っていました。😉 じつは木部に錆止めを塗るのは上塗り塗料の染み込みを減らすためなのです。 金属の場合とは用途が変わりますね。   今回使用しました塗料はこちら👇   日本ペイント株式会社から販売されている1液ハイポンファインデクロです。   えっ?1液?何かな?って思いますよね? 塗料は1液、2液と2種類ありまして、施工する時に塗料と水もしくはシンナーを混ぜて使用します。 2液はプラス硬化剤を入れます。硬化剤を入れることにより次の日には使えないというデメリットはありますが、 1液より塗膜が強固になり耐候性が良いのです!   じゃあ1液ハイポンファインデクロって1液だから、大したことないよね?と思いますよね? 違うんです😆 1液ハイポンファインデクロは1液型なのに、 2液型と同等の防錆力・耐久性をもつ優れた塗料なのです。 素晴らしい! 耐候性だけでなく安全だし扱いやすいといったメリットもあるんですよ~😊   過去の錆止め施工をした案件はこちら👇 糸島市K様邸 福岡市西区S様邸   美観のためにも、雨樋・破風・換気フードやダクトなど付帯部の劣化は防ぎたいですよね! 付帯部の補修のためにわざわざ足場を組まなければならないとなると費用も高額になります。😥 なのでユーペイントでは、付帯部の劣化を防ぐために下地処理には力を入れています。   ベテラン職人が必要な箇所には塗装の前に必ず錆止めをして塗装に入ります! 是非ユーペイントのベテラン職人どんな人がいるのかな?とスタッフ紹介をのぞいてみてください♡   スタッフ紹介はこちらより     付帯部の劣化状態を見てどんな下地処理が必要かなかなか分かりにくいと思いますので ユーペイントでは無料でお伺いして調査をいたします! 是非お気軽にお問い合わせください!(^^)!   ショールームへの予約はこちらから↓ 屋根専門の『ユールーフ』↓↓にもブログや施工事例を記載しております ※クリックすると『ユールーフ』のHPへ💁‍♀️ 是非、ご覧下さい 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']

2021.10.10(Sun)

詳しくはこちら

石瀧のつぶやき塗装の豆知識

付帯部の色は何色で塗装する?👀おすすめの塗料も紹介します❗|福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

付帯部の色は何色で塗装する?👀おすすめの塗料も紹介します❗   福岡市・糸島市の屋根塗装 外壁塗装専門店ユーペイント スタッフの岩佐です🙋   最近、契約をしていただいたお客様から カラーシュミレーションのご依頼を 数多くいただいております🌈   外壁や屋根の塗装の色決めは とても重要なことですよね。 ユーペイントでもカラーシュミレーションのご紹介は何度かアップしていて、 ご依頼いただくお客様の中にも記事を読んでくださった方もいらっしゃいました✨ \カラーシミレーションについてはこちら/   カラーシミレーションの段階で 意外と悩まれるのが付帯部の色です! 付帯部とは 樋・雨戸・幕板・笠木などのことを指します。   今回はその付帯部の色やおすすめの塗料についてお話させていただきます! 塗料を選ぶポイントについても解説します✔   付帯部の色ってそんなに重要? 塗装のメインは屋根や外壁だから・・・ こだわりないから適当でいいや そもそも付帯部ってそんなに重要なの?   ちょっと待ってください!!✋ 付帯部の色によってお家の印象は大きく変わります!!👀   こちらのお家をご覧ください👇 同じ外壁の色でもかなり印象が変わります! 黒系の壁に黒系の付帯部では、 重量感のあるどっしりと構えているようなお家🏡   黒系の壁に白系の付帯部であれば、 シンプルだけどお洒落な雰囲気にもなっていますね🏡     では白系の壁色だとどうでしょう?👇   白系の外壁に黒系の付帯部では、 締まりのあるかっこいいご自宅になります🏡   白系の外壁に黒系の付帯部であれば、 広々とした柔らかい雰囲気のお家に見えます🏡   このように付帯部の色が変わるだけで お家の雰囲気も変わってくるのです🤔   塗り替えを行う際には 是非付帯部までこだわってみてくださいね✨   付帯部塗装のポイント 上記の色に関してこだわること以外にも お家の美観を長く保つためのポイントがあります❗❗ それは・・・ 付帯部を塗る塗料と、外壁の塗料の期待耐用年数を合わせることです!   期待耐用年数に差があれば、 もちろん劣化の速度も差が出てきます。 外壁は綺麗なのに付帯部はサビや剥がれが起きている などの状況になってしまいます😭   外壁塗料の期待耐用年数が15年であれば 付帯部塗料の期待耐用年数も15年で 揃えることで美観を長く保つことに繋がります。   付帯部のおすすめ塗料 マックスシールドシリーズ   マックスシールドは、アステックさんから出ている塗料で3種類のグレードがあります🌟 F・Si・Uとあり、 外壁の期待耐用年数に合わせたご提案ができます👍 期待耐用年数(艶持ちの基準) F:16~20年 Si:13~16年 U:8~10年   またこのマックスシールドは、 付帯部専用ではなく 外壁にも塗ることができる多用途なんです!   低汚染性で、フッ素系に加え 色の展開もかなりありますので おすすめの塗料です🌟   また塗料の紹介をする記事も更新しますので お楽しみに🙌   塗料に関しての疑問点や 結局何の塗料がいいのか分からない! という方は沢山いらっしゃいます。   ユーペイントの営業担当や施工担当・事務は塗料の勉強を行っておりますので 是非お気軽にお問い合わせください🙆 \塗料の勉強会の様子はこちら/   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']   屋根専門の『ユールーフ』↓↓にもブログや施工事例を記載しております ※クリックすると『ユールーフ』のHPへ💁‍♀️ 是非、ご覧下さい \無料お見積り依頼・お問い合わせフォームについて/

2021.10.08(Fri)

詳しくはこちら

岩佐のつぶやき塗装の豆知識

高圧洗浄作業について☆福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイント

高圧洗浄作業について 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡   外壁にも耐久年数があり、年を重ねるたびにコケ、藻、カビなどがでてきたり雨アカが気になりだしたりしてきますよね。 小まめにお掃除をしていても外壁は毎日太陽の紫外線を受け、雨風に打たれ劣化が起こるのは仕方がないことなんです😢 自分の手でこういった汚れは全て取り落とせるものなのでしょうか? それとも業者に依頼した方がいいのでしょうか? 外壁の汚れを落とすだけでも悩みは多いですよね。   塗装に高圧洗浄は何故必要なの? 何をする作業なの? 家庭用洗浄とは何が違うの? と、疑問を解決したいと思います。 今回は高圧洗浄について詳しくお話したいと思います。     外壁工事で欠かせない工事の一つが『高圧洗浄』です。外壁のコケなどの汚れを強力な水圧で洗い流します。   高圧洗浄は必要なの? 先にお話ししました通り、外壁工事で『高圧洗浄』はとても重要な工程です。 外壁・屋根の汚れを落とす 長年こびりついた汚れを落とす役割があります。 高圧洗浄は強力な水圧洗浄でコケ、藻、カビなどの汚れを落とすことができます。 一般的な高圧洗浄機では8~12MPa(メガパスカル)。外壁塗装で使用する高圧洗浄機では14.7MPa以上あります。 普通に噴出するよりも威力は全く違ってきます。   塗料が外壁・屋根の密着しやすくする 以前にブログでもお話しましたが、新築・以前に外壁塗装をした塗料は年々と塗膜が剥がれてきます。 そういった現象から外壁の劣化が始まりチョーキング現象や、色褪せといった事が起こってきます。     チョーキング現象、色褪せといった記事を詳しく書いたブログはこちら↓↓ 外壁塗装必要ない家はあるの?のブログ   塗膜が剥がれた外壁にそのまま塗料を塗ってしまうと密着力がなくなり耐久年数も落ちていきます。 チョーキング現象や劣化が起きた外壁は顔料が浮き上がり本来の外壁との隙間ができ密着しにくくなります。 その為にも古い塗膜を取り除く必要があります。 外壁塗装における高圧洗浄作業は旧塗膜などをまとめて削り落とすための作業の目的があるのです。   高圧洗浄は騒音がしますので、ご近所の配慮も必要 業者で使う『高圧洗浄機』は上でお話した通り、一般用の高圧洗浄とは水圧が違ってきます。 その分、音も大きいです。勢いもあるためにシートも必要になってきます。 業者で行う工程としては 足場を作る ↓ 飛散シートを設置 ↓ 高圧洗浄 という工程になります。   ご近所配慮を考えますと、ご近所の配慮の為にも足場を作る前に近隣挨拶を行った方が良いでしょう。   挨拶準備についてのブログも御覧下さい。↓↓ 外壁塗装を行う際にやっておきたい近隣挨拶   高圧洗浄の施工例 実際に施工例をあげてみたいと思います。 屋根にこびりついたコケ、藻、カビなどの汚れを落とします。水圧の勢いで汚れを全て落とします。   汚れがしっかりと落ちているのが分かります。 高圧洗浄で「コケ」「埃」「カビ」を徹底的に洗浄するところからはじまります。 白い壁が見えて来ましたね。塗膜が綺麗に落ちた証拠です。   地面の汚れは一目瞭然!水圧でゴッソリ取れていきます。 地面は汚れが付きやすい所なので『高圧洗浄』を使うと、一気に汚れが落ちていきます。     雨樋もしっかりと汚れが付いていましたが、『高圧洗浄』一気に取り除くことができました。 これで、塗装時はしっかりと密着します。     塀は排気ガスの汚れなども付くので汚れやすいです。『高圧洗浄機』で一気に汚れを落とします。   まとめ いかがだったでしょうか? 『高圧洗浄』は、外壁・屋根塗装にとって、とても大事な工程の一つです。 この『高圧洗浄』を抜くだけで、塗料の密着度、そして耐久年数までも変わってきます。 『高圧洗浄』の工程注意点。 一般洗浄と業者の洗浄機の違い。 高圧洗浄時にはご近所の配慮も必要だという事。 が、分かっていただけたと思います。 ご参考になれば幸いです。   『高圧洗浄』は屋根にも大切な工程の一つです。 屋根専門の『ユールーフ』↓↓にもブログや施工事例を記載しております   ※クリックすると『ユールーフ』のHPへ💁‍♀️ 是非、ご覧下さい☺     当社では無料見積り・ご相談承っております。お気軽にお問合せ下さい。 ショールームへの予約はこちらから このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']    

2021.10.07(Thu)

詳しくはこちら

三村のつぶやき塗装の豆知識

信頼できる業者選びとは??☆福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイント

信頼できる業者選びとは?? 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡 住まいのメンテナンスには、屋根や外壁の塗装がかかせません。 しかし塗装業者には悪徳業者が多く存在するといわれています。 塗装工事は高額になるケースが多いので、信頼できる業者かどうか見分けることがとても重要です。   外壁塗装はどんな業者に依頼すればいいの? 外壁塗装をする際は、どのような業者に依頼すればよいのでしょうか? 外壁塗装を提供している主な業者は主に、『塗装会社』『大手リフォーム会社』『ハウスメーカー』の3つです。 では、どのよう点に注意して依頼すればいいのでしょうか?   ♢対応が親切で丁寧か 専門用語を並べるだけでなく、丁寧に説明をし、外壁診断も丁寧に行ってくれる業者を選びましょう。 営業マンとはお客様の不安やお悩みを解決する職種です。 不安を煽ってきたり自社のアピールだけをする業者には注意が必要です。 塗装以外の商品を売ろうとする塗装会社は悪徳業者の可能性が高いので気を付けましょう。   ♢実績がある塗装会社を選ぶ 実績がある塗装会社はほとんどがホームページをもっています。 ホームページを見れば、施工事例などの実績がある塗装会社を選びましょう。   ♢塗り替え後の保証体制があるか 外壁塗装会社が独自で行っている制度です。 20年や30年保証が付いている塗装会社には注意しましょう。 メーカーの期待している耐久度を超える保証をするというのはあり得ない事です。 そのような塗装会社は、保証のハードルが非常に高くなるために20年、30年後にはもう倒産しているか、 何かと言い分を付けて保証してもらえない。などの可能性があります。     ↑参考にしてみて下さい(*^-^*) では、 どのような悪徳業者に注意すればいいのでしょうか? まず悪徳業者が存在するという事を覚えておいて下さい。 見た目では悪徳業者だとはわかりません。 信頼できそうな雰囲気のある業者が、蓋を開けたら、実は悪徳業者だった…という事もあり得ます。 見た目では分からないからこそ、悪徳業者の特徴や手口を把握しておくことが必要です。   ♢塗装を2度塗りで塗料と工数を浮かす業者 基本は『下塗り→中塗り→上塗り』といった工程を踏みます。 この工程で中塗りを省く業者は要注意です。 塗料の耐久性を保つのに3度塗りは基本です。 『我が社は2度塗りで、他社よりお安くしますよ』と、いったセールストークにはご注意ください。   ♢塗料の名前が書いていない 外壁塗装に塗料はとても大切です。 見積書に塗料の名前が書いてない場合や、施工前の説明で何の塗料を使うのかの説明がない場合注意が必要です。   ♢見積りが雑 見積書には信頼できる業者かどうか見極める判断材料詰まってます。 見積には専門用語が沢山載っています。 分からないことは納得するまで説明を受けるという事が、悪徳業者に引っかからない一つの対策になります。   そして、見積書が大雑把に書かれてある場合は要注意です。 内容が『〇〇一式』だけにまとめられている見積書は一見分かりやすく見えますが、 不要なものまで、まとめて請求されている場合があるので注意が必要です。 見積書が信頼できる内容になっているかをチェックすることで、信頼できる業者かどうかを見極めることができます。     外壁塗装の業者の良し悪しを見極めるのには、資格や許可の確認と同じように契約書のチェックも重要です。 悪徳業者や仕事が雑な業者は、 契約書に抜けや不備が多いことがめずらしくありません。   契約書に不備が多いと、工事内容に関して「言った言わない」のトラブルになったり、塗装工事が始まってから追加料金を請求されたりしかねません。 契約書や、契約書とあわせて塗装工事の際に交わされる書類を見極めるには、目を通しておくべきチェックポイントをあらかじめ知っておくことが必要です。   まとめ いかがだったでしょうか? 悪徳業者に引っかからないためにも、事前の調べは必要となります。 ホームページがなかったり、現住所が存在しなかったりワンルームマンションであったりとする場合もありますのでご注意下さい。 見極めるには難しそうで、絶対にどこか落とし穴があるという事を覚えておきましょう。 参考になれば幸いです。       当社では無料見積り・ご相談承っております。お気軽にお問合せ下さい。 ショールームへの予約はこちらから   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']

2021.10.05(Tue)

詳しくはこちら

三村のつぶやき塗装の豆知識

外壁塗装の4度塗りって結局どうなの??|福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

外壁塗装の4度塗りって結局どうなの??     福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡   他社と比べるときに対象になるのが 『どの業者が外壁塗装を何度塗りしてくれるのか』 が、一番分かりやすい比べ方ではないでしょうか?   正解から言いますと、ベストは 3度塗り!! がベストです✨ どのサイトにも2度塗りはダメ🙅‍♀️とかいてありますよね。   何故2度塗りがいけないのか? 外壁塗装は基本 下塗り 中塗り 上塗り の3回に分けて塗るのが基本となります。 2度塗りと3度塗りでは同じ塗料を使うのですが 2度塗りは中塗りの工程をはぶく事になります。 この工程を抜かしてしまうと耐用年数が大幅に違ってきます。 厚さの違いが、2度塗りの寿命が3度塗りよりも短いことが理由です。   では、厚ければ厚いほど耐用年数が伸びるのでしょうか? 『当社では4度塗りで3度塗りのお値段にさせて頂いております』 と言われたことはありませんか? 例外を除き、 塗装工事の基本は3度塗りになっています。   今回は塗料の3度塗りと4度塗りの違いについてお話したいと思います。   外壁塗装はなぜ3度塗りが基本と言われているのか 1度、2度塗っただけでは紫外線や雨に耐えられる丈夫な塗膜は出来上がりません。 3度塗りは基本です。大手塗料メーカーでも3度塗りで一番耐用性が発揮されると書いてあります。 塗料メーカーでも適切な塗り回数の確認ができますので、お確かめ下さい。   それではまず、3回の塗布に何の意味があるのか知りましょう! 下塗り 下地を作るために塗ります。 この時の塗料は透明か白色のものが使用されます。   中塗り ここで初めてお客様のご希望色を塗布していきます。 ここで塗布を終わってしまうと塗りムラができてしまったり、塗膜が薄いままなので耐用年数に影響することがあります😭   上塗り 中塗りでできてしまったムラをカバーし、仕上がりを綺麗にします。 例外の4度塗りってなに? 先ほど3度塗りのお話をした際に 「例外を除き」と説明しました。 では例外となる4度塗りとは何でしょうか?   答えは「コーティング」です✨   家のコーティング? となる方もいらっしゃるかもしれませんが、 車などのコーティングと同じ様な意味です!   現在、数多くある塗料も進化を続けています。 3度塗りで綺麗になった外観、少しでも長く持続させたいですよね☺ コーティングを行うことで、 塗りたての美観を持続させることが可能なのです!   3度塗りで基本の塗装工事を行った後に、コーティングをかけます。 そのため、実質4度塗りになるんです😮   ユーペイントでは早速そのコーティング施工も始めています! 今後アフターメンテナンスでお伺いするのが楽しみです👌   外壁塗装は塗装回数だけでなくお店選びも大事 塗装回数が3回だから!だけで、その業者に決めるのはよくありません。 見積りをしっかりと出してくれる業者や診断をしっかりと行って、 親身にお客様の御要望にお応えできる業者をさがすことが何より大切になってきます。   次回は外壁塗装の業者選びについてもお話したいと思います。 お楽しみに!   ショールーム来店予約はこちらから↓

2021.10.02(Sat)

詳しくはこちら

三村のつぶやき塗装の豆知識

優良な塗装業者選びとは?|福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

優良な塗装業者選びとは   福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡   このブログを見て下さっているあなたはそろそろ外壁が気になり始め、 塗装を考えている方が多いのではないでしょか? 大切なマイホーム。数十年の中で頻繁に塗装は繰り返し行う事ではありません。 塗装を行うなら、信頼できる塗装会社を選びたいですよね。 今回は、塗装会社の選び方について少しでもお役に立てればと思いブログを書いてみました。   塗装会社の調べ方 『インターネット』『ホームページ』『口コミ』『チラシ』『紹介』など、調べ方は様々です。 まず、これらをどう活用していけばよいのかお話したいと思います。 インターネット 今はデジタル化の時代。調べればすぐに何でも調べられる時代になりましたね。 インターネットの調べ方といえば、 『〇〇市 塗装会社』『〇〇市 塗装会社 口コミ』で調べれば、大体の塗装会社は出てきます。 おすすめをいいますと、例えば 『〇〇市 塗装会社』で調べると、 まず広告が出てきますが広告の次に出てくる塗装会社はよく検索されている、塗装会社となります。 是非、調べてみて下さい😀   ホームページ 気になる塗装会社が出てきたら、ホームページをみましょう。 ほとんどの塗装会社は自社のホームページをもっています。 気になる塗装会社があれば、ホームページをみると 会社の雰囲気や内容が良く分かります。   口コミ グーグルや塗装サイトの口コミも見てみましょう。 そのお店で塗装されたお客様の口コミが見れるので事前に確認しておくことをお勧めします。   チラシ ポストに入っているチラシや、新聞に入っているチラシや広告などにも目を通して頂くと、 地元の塗装会社の広告が入っていることが多いです。 イベントなどの告知もチラシなどで行う事が多いので、活用されるといいと思います。   紹介 近所やお知り合いに塗装をされている方がいらっしゃったら意見を聞いてみましょう。 紹介であれば、悪徳業者から捕まることも限りなく少なくなります。 塗装の際に気を付ける点や、その後のケアなども事前に聞くこともできますし、 紹介となれば塗装会社に依頼する際もスムーズに進める事ができます。   まずは見積りを!! 気になる塗装会社が出てきたら、まずは診断をしてもらい見積りをだしてもらいましょう。 できれば、2~3社の見積もりを出してもらい比較し検討すると良いと思います。 多すぎるとかえって混乱する場合があります。2~3社に絞り見積りを出してもらうと相場も分かりますし、 信頼できる業者を選ぶ為にも比べてみて下さい。   見積りを出してもらう時の注意点!  相見積もりをしているか  工程が具体的に書いてあるか  面積が数値で書いてあるか  下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りか  塗料に商品名やメーカー名が書いてあるか 以下の事に注意しながら2~3社の見積もりを出してもらいましょう。 見積書が大雑把な見積書を提出したり口頭で済ませる業者は悪徳業者の可能性があるので注意して下さい。   実績のある塗装会社 優良な塗装会社を選ぶ一つとして、実績のある業者を選ぶことも判断材料にされてもいいと思います。 『施工事例』などを載せている業者はそれだけ実績があるということです。 ホームページをみてどんな家が施工されているかなど見て判断するのもいいと思います。   まとめ 今回は『塗装会社の調べ方』『見積りについて』『実績のある塗装会社』についてお話しました。 優良な塗装会社を選ぶにはこの他に、 塗装後に不備があった!と、ならない様に外壁診断を疎かにしていないかも重要です。 それに劣化具合など丁寧に分かりやすく説明してくれる業者でなくてはいけません。 専門用語を並べられても分かりませんよね。 外壁塗装は安い買い物ではありません。 ぜひ後悔しない塗装業者を選べるためにも参考にしていただければと思います。   当社では無料見積り・ご相談承っております。お気軽にお問合せ下さい。   ショールームへの予約はこちらから

2021.09.30(Thu)

詳しくはこちら

三村のつぶやき塗装の豆知識

チョーキング・色褪せ・クラックについて|福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

チョーキング・色褪せ・クラックについて   福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡   前回のブログでお話した『劣化』についての ブログで チョーキング・色褪せ・クラックについて少しお話しましたが 今回は『チョーキング・色褪せ・クラック』について詳しくお話したいと思います。     チョーキング現象 手で壁に触れた際、 白い粉が手についてしまうことを言います。 また、チョーキング現象は 『白亜化現象』とも言います。   白い粉の正体は、 塗料の中の合成樹脂が雨や紫外線によって分解され、塗料の成分が粉状になって表面に出てきてしまったものです。 外壁塗装は建物の美観に関係するだけではなく、紫外線や雨風、台風から建物を保護する役割も果たしています。 外壁は一度塗装を行ったら、ずっと持続するわけではありません😖 月日が流れると共にダメージを受けて さまざまな劣化現象が起こります。 その場合に塗装の塗り替えが必要になります。 チョーキング現象は 経年劣化だけではなく、 施工不良が原因で起きることも?!😣 使用した外壁塗料の耐用年数よりも 塗膜の劣化が早い場合は、 施工不良の可能性があります。   チョーキング現象での施工不良で起こる例 塗装するときにしっかりと洗浄されていなかった 塗料メーカーが推奨する環境で塗装していなかった 塗料が十分に混ざっていなかった などが上げられます。     色褪せ現象 以前よりも色が薄くなってしまっている状態のことを「色褪せ」といいます。  色褪せは外観が古く見えてしまうだけでなく、 塗膜自体の防水性が低下してしまっているサインになります。 代表的な原因は ・太陽光に含まれている紫外線の影響 ・酸性雨など 自然的な原因が大半となります。   紫外線や酸性雨などの影響で 徐々に塗膜が劣化し、 色褪せが発生してしまいます。 色褪せ現象が始まったら 外壁の塗膜というのは 水の浸入を防いだり 紫外線の影響を防ぐ効果がありますが、 塗膜が劣化していることにより、役割を発揮できず建物や外壁に影響を与えてしまいます。 塗膜自体の劣化ですので、 塗り替えをしなければ 本来の効力を取り戻すことは出来ません。 塗料や建物の環境にもよりますが、 約10~15年前後に塗膜の色褪せが発生します。 そのタイミングが塗装のメンテナンスの目安時期となります。     クラック現象 クラックとは、英語で「割れ目」「裂け目」という意味で、外壁にできるひび割れを指します。 クラックができる原因は主に4つあります。   乾燥クラック 壁材を水で混ぜて作っていく湿式工法を使う場合、乾燥によってひび割れが発生すること 構造クラック 建物の構造に、地震など大きな力が加わることで、ひび割れすること 縁切れクラック 塗り継ぎにより、新旧の乾燥具合が違うことで発生するひび割れのこと ヘアクラック 塗膜の表面に、髪の毛のような細くて短いひび割れのこと     まとめ このような現象は、よく見てみると皆さんのお宅にも起こっているかもしれません😢 今回は外壁のチョーキング・色褪せ・クラックについてまとめましたが、分かりづらかったところや、もっと知りたい情報はありましたか? どんな小さなことでもご相談は 無料で受け付けているので、 お気軽にご連絡くださいね。 ご参考になれば幸いです😊✨   ショールームへの予約はこちらから

2021.09.29(Wed)

詳しくはこちら

三村のつぶやき塗装の豆知識

外壁が劣化するのは何故?|福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

外壁が劣化する理由とは??   福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの三村です☆彡   私事ですが…塗装についてよく耳にする『外壁の劣化』という言葉… 『劣化』???なぜ家の外壁に劣化が生じるのか疑問に思いました。 劣化という言葉だけ聞くと築年数が過ぎているからだと思っていました。 ですが『外壁の劣化』は築年数だけではないんです👀✨   今回は『外壁の劣化について』お話したいと思います。   外壁の劣化の原因 築年数・経年数による劣化 体と一緒で家にも年数によっての劣化が生じます。 雨風による劣化 暑く晴れていたかと思えば台風がきたりという天気が日本各地で増えました。 土石流を発生させる大雨も降ります。 極端に湿った状態や乾燥した状態などが続き塗膜に負担がかかれば、劣化します。 また、サイディング壁やコンクリート壁などの場合でも、いくら塗膜で保護されているからと言っても 酸性雨により、少しずつ影響を受けます。 海の近くに住むと、必ず潮風とともに塩が飛来します。 塩分は目に見えないもので、いつのまにか建物が被害を受けています。 この塩による被害を塩害といい海の近くに住んでいると必ず起こります。 塩は建物が錆びる原因となります( ノД`) 太陽熱や紫外線による劣化 太陽にさらされ、紫外線の影響で外壁塗装や屋根塗装が劣化します。  紫外線による主な塗装劣化の症状は、チョーキング、色褪せ、クラックなどが挙げられます。 ※チョーキング、色褪せ、クラックについては次回のブログでお話したいと思います。 カビ・藻の発生による劣化 新築や外壁塗装をした後で、時間が経つにつれ屋根や外壁にカビ・藻が生えてしまうのは珍しいことではありません。 カビ・藻はお手入れされていないという美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。 外壁にカビやコケが生えると、様々な不具合を生活に引き起こします。中には人の健康に影響を与えるものもあるので、油断してはいけません。 塗料の耐用年数による劣化 外壁塗装における「耐用年数」とは、塗装をしてから次の塗り替えが必要になるまでの年数の事をいいます。 耐用年数は塗料によってちがいますが、約10年~15年といわれています。 耐用年数が過ぎている場合は外壁材の交換や塗り替えをしなければなりません。 放置してしまうと建築材の腐食や雨漏りが進行する場合もあります。   自然被害による劣化 台風や大雨などの自然災害により、屋根や外壁の劣化が促進されることがあります。 ・台風によって屋根材が破損した・台風で飛んできたものによって建物が破損した・豪雨によって雨漏りが発生した このような場合火災保険が適用される場合もありますので、塗装業者や保険屋業者に相談するのも良いでしょう。 まとめ 一言で『劣化』といっても種類はいくつもあります。 少しでも心当たりのある方は、一度塗装業者に診断してもらうことをお勧めします。 自分で判断して、補修してしまいますと、実は補修方法が間違っていたというトラブルにもなりかねません。 ユーペイントでは無料診断・ご相談を承っております。是非お気軽にお問合せ下さい。     🏮秋の塗装感謝祭🏮キャンペーン実施中 9/30まで秋の感謝祭イベントをやっております。この機会に是非このキャンペーンをご利用になられて下さい🙋 お見積り・診断無料となっております。 9/30(木)までにお問い合わせいただいた方限定となっておりますので、お気軽にお問合せ下さい。 ショールームへの予約はこちらから  

2021.09.28(Tue)

詳しくはこちら

三村のつぶやき塗装の豆知識

プレマテックスMUGA閲覧件数、大多数ありがとうございます!/福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイントスタッフの石瀧です☆   以前プレマテックスの MUGAをご紹介させていただきましたが、 大好評につきまして第3弾‼   プレマテックスは施工している業者や取扱い店が限られています。💦 プレマテックスに興味を持ち、 気になっているよ~ 詳しく知りたいよ~と思っている方が たくさん閲覧していただいたみたいで 嬉しく思います。😊✨   ではMUGAの良さを。。。 以前ご紹介した内容はこちらです👇 第1弾! 第2弾!   発生してしまったラジカルを 厚い多重構造無機バリア内に封じ込め、 ラジカルの増殖を抑制する 素晴らしい塗料というのが 分かっていただけたと思います~😍 ラジカルとは塗膜を破壊する劣化因子なのです。   ユーペイントよりお知らせ 現在ユーペイントが9/30までに お問い合わせいただきました方、期間限定商品‼ MUGA freeza 👇     こちらMUGA freezaとは何者かと申しますと。。。   まず、黒色の塗料の顔料として用いられるのが カーボンブラックなのですが、 インクやタイヤ等に使用されています。 特にゴムにカーボンブラックを 混ぜると強度が上がるんです!   黒が紫外線を吸収するという性質を利用して 劣化を防ぐ目的が達成できるんですね。😊   ただこのカーボンブラックは 使用する用途によっては難が有るんです。😢   遮熱塗料は通常、 太陽光を大きく吸収するカーボンブラックを使わないことで遮熱性能を向上させています。   しかし、 退色に強く耐候性に優れたカーボンブラックを使用しないと、 一般塗料以上に退色・変色のリスクが生じる要因となっていました。😢   そこで!プレマテックスは。。。   特殊黒顔料等に依存しないで、 耐候性に優れた顔料同士の退色速度を揃えていることで早期退色してしまう可能性を減らしているのです!😁🤞 MUGAの施工事例です!👇   before     after   施工事例はこちらへ MUGAのカタログが欲しい方は、ぜひぜひお気軽にご来店ください! お待ちしております(^^)/ こちらをタップで来店予約👇 来店ではなく直接お家まで来てほしい! という方にはお電話でお問い合わせください🌟   🏮ユーペイントでは現在秋の塗装感謝祭を開催中です🏮 受付終了まであと 5日!! 詳しくはこちらをタップ👇   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']

2021.09.25(Sat)

詳しくはこちら

石瀧のつぶやき塗装の豆知識

U-PAINTのホームページへお越し頂きありがとうございます

U-PAINT店長 山口 博城

HIROKI YAMAGUCHI

塗装の豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社ユーペイントにご相談ください!

「人生を楽しむ」

その答えはお客様、そして我々にとって「人」の数だけ答えがあると思います。
そして「今ある現状をさらに良くしていきたい」という思いは共通しているのではないでしょうか。

家を建てる、もしくは買う。
そんな人生においての一大イベントを終え、ご家族の環境にも様々な変化が訪れた頃。
私たちはこのタイミングで社会に貢献できると考えております。

  • 今の暮らしを維持する為に塗装を考えている
  • 次世代に引き継ぐため、最後の仕事として塗装を考えている
  • 売却する際、少しでも評価額を上げるため、塗装を考えている

つまり、お客様の数だけ「答え」があるということです。
塗料には数えきれないほどの種類があり、さらにはメーカー、塗り方まで考えると組み合わせは無限大です。
そして塗装サービスを行う企業様も近年増えてまいりました。
このような中で、お客様の立場からすると

  • どこに頼んでよいかわからない
  • どんな塗料を使えばよいかわからない
  • 適正な価格はいくらなのかわからない

といった「悩み」がでてきます。

当社は、まるでもう一度家づくりをするかのように、お客様が抱える「悩み」を「楽しみ」に変えたい
そんな想いで塗装サービスをお届けしております。

ディズニーランドに客船に乗って風と景色を楽しむ「マーク・トウェイン号」があります。
マーク・トウェイン氏はアメリカ現代文学の祖とも言われる方で、ノーベル文学賞を受賞した偉大な作家の方々から尊敬されるすごい方でもあり、数々の名言を残されています。

自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ。

– マーク・トウェイン –

「まず何事も自分から与えていこう。与える人にあらゆるものが集まっていくよ」という考え方です。

「for you」の精神

当社は
「for you」の精神を持って塗装を通じた幸せをお届けします
という理念を持ち
お客様が抱える「悩み」に真剣に向き合い、今までの経験・知識・技術を惜しむことなくお客様へ提供し続けます。

お客様がいてこその会社であり、その想いが廻り巡って大きくなり、会社へ返ってくる事で、当社の発展、社会の貢献、社員の幸せにつながると信じています。

コツコツ。コツコツ。一歩ずつ。
福岡市・糸島市とエリアは限られますが、誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々精進してまいりますので、どうぞ末永く、よろしくお願い申し上げます。

相談無料 見積無料 診断無料

0120-92-7754
営業時間 9:00-18:00(年中無休)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
協力会社様募集中! 倉庫工場の塗装、雨漏り補修専門店U-PAINT

U-PAINTのHPをご覧の皆様へ

  • 初めての塗り替えをお考えの方へ
  • 業者選びにお悩みの方はこちら
  • U-PAINTが選ばれる理由
  • 屋根塗装・外壁塗装価格表はこちら
  • U-PAINTの無料建物診断・お見積り
最適な施工プランのご紹介

U-PAINTブログSTAFF BLOG

一覧はこちら

U-PAINTが選ばれる理由
アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 無料ドローン点検
外壁塗装の優良会社紹介ヌリカエ