MENU

福岡市・糸島市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店U-PAINT(ユー・ペイント)

まずはお気軽にお問合せください!

0120-92-7754電話受付9:00-18:00 (年中無休)

  • ショールーム来店予約 クオカードプレゼント
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ - 新着情報 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 新着情報

新着情報の記事一覧

台風10号の爪跡…☆福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイント

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/   台風14号が週末にかけて関東方面に上陸の恐れがあるようですね。福岡は予報円から外れているのに風が強い"(-""-)" 福岡は9月の台風10号で学校・スーパー・会社までも休校、休業となり、どのお宅も今世紀最大級とも言われる台風に備えて一騒動したのも記憶に新しいと思います。 我が家も台風に備えてお水や食料、窓の養生など珍しくいそいそと準備しました。夜中に来たので停電などの心配はなかったものの風の音が怖くて寝付けなかった事を覚えています。       今世紀最大級と言われた台風10号。過ぎ去ってみると意外にも何て事はなく安心しました。   我が家は幸いにも目立った被害はありませんでしたが、ベランダ下の軒天に複数のシミのようなものが見られ、もしかしたら雨漏り予備軍ではないかとひやひやしています…   この台風10号から当社には   屋根が剥がれてしまった… 雨漏りしている… 壁が剥がれてしまった…   等、多くのお問合せを頂いております。   皆様のご自宅は大丈夫でしょうか? 雨漏りだけかと思っていたら 実は違うところにも被害があった… なんて事も少なくありません。     台風被害での屋根の補修などは火災保険などが下りる事が多く補修費用がまかなえる事が一般的です! 保険申請などでもお困りごとがございましたらぜひ当社にご相談ください! お力になれればと思います☆   では最後に次の台風に備えて 窓割れ防止法をご紹介♪     次回福岡に大きな台風がきたら…(こないように願うけど) 参考にしていただければ幸いです(#^.^#)     特に養生テープは売り切れ続出だったようなので今のうちに何個が準備しておいた方がいいですね!   このブログでは現場での作業内容受付スタッフの日記塗装に関する豆知識塗装をお考えの方向けのタメになる話など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。[myphp file='comContactTel']                

2020.10.09(Fri)

詳しくはこちら

石橋のつぶやき新着情報

ちょっと聞いてください!~続き~☆福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイント

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/ 最近、朝晩は肌寒く感じる日が増えましたね! みなさん、体調は崩されていませんか?   さてさて、前回の続きが気になっている方も多いようなので(?)前回のお話の続きをしていこうと思います! 今回のお話のテーマはずばり!【外壁工事助成金】についてです! 外壁工事助成金と一口に言ってもどんなものなのか分からない… 誰がどんな風にしたら助成してもらえるの? そもそも助成金って何? 手続きとかするの? 正直どうでもいい… など様々な思いや疑問があると思います。 どちらかというと私はめんどくさがりなので何も知らない状態だったら興味はあるものの何もしないと思います。 でもそんなめんどくさがりの私でもやっておけばよかったと思うほど敷居の高いものではありません!!   まずは助成金って何?って方も多いと思いますのでその説明から…   この助成金とは外壁塗装工事をする際に、国や自治体が補助金として一部補助してくれる制度の事を指します。(各、市町村・自治体でも異なりますのでご相談ください!お調べ致します!)   そして下記のような条件を満たしていれば助成金を受け取れる可能性がでてきます。   ①工事着工前に申請する ②遮熱や断熱などエコ塗料を使用する ③税金をきちんと納めている ④必要書類を提出する ⑤自治体が定めた業者に依頼する     助成金は条件さえクリアできれば必ずお金が受け取れる仕組みになっています。 それにより工事費用の負担を軽くすることができますのでとても助かりますよね! 助成を受けるにはどういった書類が必要なのか、どういった手順を追ったらいいのか不安な方もいらっしゃると思います。 そのお手伝いぜひ当社にお任せください!!   まずはご相談だけでも構いません! お気軽にお問合せください!お待ちしております(^_-)-☆ このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']                

2020.10.08(Thu)

詳しくはこちら

石橋のつぶやき新着情報

ちょっと聞いてください!☆福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイント

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/ お話したいことたくさん溜まってどれからお話しようかと思っていますが今回は私自身が早く知ってれば!!と思った実体験をお話をしたいと思います。   時は遡り1年半前。 私の住んでいる戸建てのお家は平成が始まって間もない頃に建てられました。 なので築30年近く経っているわけです。とはいえ、15年ほど前に1度外壁の塗り替えはしていました。ですがもともと真っ白だった外壁は若干クリーム色に…外壁の所々にはヒビや割れがある状態へと変化しておりました… 2回目の塗り替えもそろそろかとは思いつつ先立つものもないし…笑家族が住む分には問題ない!と時折目に付くヒビの入った壁から目をそむけて過ごしておりました。   ですがそんなある日。窓も開けてないのに床が濡れている…ふと上を見上げると天井付近にシミが!!   ついに来たか?雨漏りなのか?いやいや今回だけかもしれん!と言い聞かせまだ塗り替えを先延ばしにしようと目論んでいた石橋家。 ですが横殴りで降る大雨の日は必ずと言っていいほど同じような状態になるわけです(*´Д`) まだまだ大丈夫と思っていたのに実は大丈夫じゃなさそうな雰囲気… 分かっていたはずなのにお金の事を考えると気持ちが沈みました。   そんな矢先、分かっていたかのように「ピンポーン♪」とチャイムが鳴りました。 「お宅のお家のお屋根、傷んでますし壁にも亀裂や割れもできてます。そろそろお塗り替えの時期がきておられます。」と。 「いえ、まだ考えてないので…」とその日はお引き取りいただきました。ですが次の日もその次の日も同じ営業の方が家に訪ねてくるわけです。 さすがに毎日お宅のお屋根は…お壁が…と言われると本当にまずい気になってきました。   そしてついに石橋家も塗り替えを決心したのです。   契約から工事完了までは特に滞りなく進んだので割愛しますがそれから間もなく今の仕事に就きいろんなことを知っていく上であることを知ったのです。   外壁塗装をする時に使えるかもしれない助成金という名のものがあることに! この助成金というものの中味を知れば知るほどお金の心配ばかりしていた石橋家は損したような気持ちになりました。 もしかしたら家も塗り替えをするときに使えたのでは?と今更ながら思ってしまいました。まぁ、気付いた時には時すでに遅し…でしたが笑 私の実体験からこのブログを読んでいただいている方に我が家と同じような思いをしてほしくないので次回は【外壁塗装助成金】について詳しくお話をしていきたいと思っています☆ 知っていて損はないお話だと思います!        このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']                          

2020.09.22(Tue)

詳しくはこちら

石橋のつぶやき新着情報

とても大事なこと!☆福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店 ユーペイント

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/ 今日は、塗装完了前のお宅の最終チェックに行ってきました。 塗り残した箇所はないか? ペンキで汚れているところはないか? 気になる箇所はないか? ゴミや破損部はないか? 厳しい目でチェックしていきます。 丁寧に作業を行う事は大前提!ですが見落としてしまう部分もやはりあるのが現状です。 現場の職人さんとはまた違った目線で見るのも大切です。 塗装してよかった!こんなに見違えた!と心からお客様に思っていただきたい!!その気持ちでチェックしていきます。 ではほんの一部ですがご紹介したいと思います。   ☝シャッター部分です   正面から見ると綺麗に塗れていますが下から見ると塗り残しが気になります。 ☝少し見にくいですが小さな刷毛で細かいところまで塗っていきます。   ☟塗った時に気付かなかった小さな塗り残し…そういった箇所も丁寧に塗っていきます。   ☟床に塗料が落ちてしまっています。そういったところもフキフキ♪ 専用の液剤を使えばキレイになります☆   ⇒  お家全体を複数の目でチェック!お客様にお引き渡しの最後の最後までチェックを重ねていきます。 こういう過程を経て工事完了のサインをいただくときはドキドキしますがやはり笑顔でありがとうと言っていただけた時は私たちもとっても嬉しく励みになっています☆ よ~し!明日もがんばるぞ!   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']        

2020.09.22(Tue)

詳しくはこちら

作業写真新着情報

台風でお困りのお客様へ / 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユーペイント

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントです。 福岡市・糸島市にお住まいの皆様、大型で非常に強い勢力をもつ台風が近づいています。 ユーペイント本社、福岡西ショールームは 9/7(月)臨時休業とさせて頂きます。 既に台風対策に関するお問い合わせも増えてまいりました。 臨時休業ではありますが、弊社へのご連絡につきましては下記を参照ください。 ※既存のお客様は各担当へ直接ご連絡ください。 (お問い合わせが増えております、繋がらない場合は折り返しの着信をお待ちください。) ※台風の被害に遭われた方、お困りの方 ショールーム直通の携帯電話(📴090-4559-0044)へご連絡ください。 (待機スタッフが対応させていただきます。) 福岡市・糸島市にお住いの皆様におかれましては、最新の台風情報を確認し早めの備え、避難をお願いします。 被害が最小限ですみますようお祈り申し上げます。 ※【超重要】 屋根や外壁の高所で破損が発生した場合、屋根に上る方、窓から身を乗り出す方がおられますがとても危険です!! 室内からできる処置にとどめ、室外での補修は近隣の屋根・外壁専門店へご相談ください。 万一被害に逢われた方は少しでも早く解決できるよう、お近くの専門店にお問い合わせされることをお勧めいたします。 また今回、台風後の問い合わせが非常に増えることが予想されます。 お困りの方は些細なことでも構いませんので ショールーム直通の携帯電話(📴090-4559-0044)へご連絡ください。     このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']

2020.09.05(Sat)

詳しくはこちら

新着情報

雨漏り【基礎知識:窓・サッシ応急処置編】

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/ 台風8号。離れているとはいえお天気も悪くジメジメしてなんだかすっきりとしませんね。 このお仕事、お天気にはとっても気を使います。今まで気にもしなかった雨雲レーダーを気にする毎日…笑 そんなこんなでもうすぐ9月!台風シーズン到来です。台風での突然の雨漏りに備えて今日は【自分でできる雨漏り対策】についてお話していきたいと思います!   窓やサッシから雨漏りしたときの応急処置は? 💁引き違いサッシの境目からの雨漏りには、雨戸の位置を変える方法が効果的です。 雨水は外側に出ているサッシの横の方から入ってくるので網戸を反対側にセットします。網戸で雨水や風の勢いを防ぐことができるので、横ぶりの雨にも対応できます。 窓やサッシから雨漏りしたときの応急処置は? 💁引き違いサッシの境目からの雨漏りには、雨戸の位置を変える方法が効果的です。 雨水は外側に出ているサッシの横の方から入ってくるので網戸を反対側にセットします。網戸で雨水や風の勢いを防ぐことができるので横ぶりの雨にも対応できます。       窓の修理方法について     窓枠と壁の間のコーキング剤が劣化していたら、古いコーキング剤を剥がしてコーキングを充填します。窓の外に雨戸やベニア板を張り付けて、雨水が入ってこないようにするのも応急処置になるでしょう。窓が雨漏りする場合は、窓やサッシだけではなく周辺の壁にも問題があることがあるので、周辺の壁も調べた方がよいでしょう。   雨漏り修理、これだけは絶対にやってはいけないこと   ベランダに限らず、屋根の補修のために屋根、屋根材に直接釘を打ち込んではいけません! 補修のために打ち込んだ釘が釘穴となってその部分から雨漏りする可能性があるからです。雨水は小さな隙間から建物に浸水してくるため、例え室内に雨漏りしなくても天井の部分に浸水しカビが発生することもありますので、新しい釘打ちは絶対にやめましょう。 今回お話したことはあくまでも応急処置でしかありません。皆様の大切なお家。 何か心配なことがあったら些細なことでも構いません!お気軽にご相談ください!お待ちいたしております(^^)/ 次回はいよいよ本題【屋根・壁】からの雨漏りについてお話をしたいと思います。   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']    

2020.08.27(Thu)

詳しくはこちら

塗装の豆知識新着情報

雨漏り【基礎知識:サッシ・窓枠周り編】

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/ 毎日、毎日暑いですね…ですが早いものでもうすぐ9月。まだまだ暑い日は続きそうですががんばっていきましょう(^^♪ 少し間が開いてしまいましたが今日は前回の続き【サッシ・窓枠周りからの雨漏り】についてお話していきたいと思います! ベランダサッシの雨漏り原因   室内とベランダの出入り口として取り付けられるサッシですが、実はこのサッシから雨漏りするケースは少なくありません。 ベランダという外に面したところにつけられているため雨風にさらされる機会も多く、取り扱いに気を付けていても思わぬところから雨漏りが発生する場合もあります。 そこでまずは、ベランダサッシの雨漏り原因についてご説明したいと思います。   ①窓枠部分のコーキングが劣化している   窓枠と外壁は、コーキングという素材で接着されています。コーキングが劣化すると破れて隙間ができ、その箇所が雨水の侵入経路となる可能性があります。 また、サッシが木製の場合、サッシ自体が劣化して隙間ができる場合もあります。 木製サッシは、カビによる腐食など金属製のサッシより劣化が早まりやすい傾向にあるため、塗装などのメンテナンスを欠かさないよう十分注意する必要があります。   ②引き違い部分からの水漏れ   サッシ同士の境目となる引き違いに隙間ができていると、レールを伝って雨水が入り込む可能性があります。 普段の雨では症状が現れない場合でも、台風などで横殴りの雨が降ると室内まで水が吹き込んでくることがあります。 引き違いの雨漏りは、雨戸を閉めて対策 このケースは雨戸を閉めることで対策ができるため、引き違いから雨漏りが起こったときは雨戸を閉めましょう。 雨戸を閉めても改善しない場合は、雨戸が破損している可能性があります。建て付けを調整したり、雨戸の補修を行ってみましょう。   ③ビート材の摩耗 ビート材とは、サッシとガラス窓のつなぎ目に使われるゴムパッキンのことです。 窓枠と外壁を接着するコーキングと同じように、ビート材の摩耗によりサッシとガラスの隙間から雨水が浸入することがあります。   ④ベランダの床から浸水した 排水溝のつまりなどでベランダの床の水はけが悪くなると、雨が降ったとき床に水が溜まってしまいます。 サッシの高さまで雨水が溜まると、下部レールの隙間から室内に雨水が浸水する可能性があります。 また、床とサッシの高低差が少なすぎると床からの浸水リスクが高くなる場合があります。 排水溝がつまっているときの対処法 排水溝のつまりが原因でベランダに水が溜まっているときは、排水溝の清掃が効果的な対策となります。 ホースで水を流しながらブラシやたわしを使って、泥や枯れ葉などのゴミや汚れを洗い流しましょう。溜まった水が流せれば、浸水も解消することができます。   ⑤外壁のひび割れ   ベランダサッシ付近の外壁にできたひび割れから雨水が入り込み、壁の中を通って室内側のサッシから浸出してくることがあります。 サッシ部分は外壁の開口部となるため、とくに窓枠の隅はほかの部分より耐久度が落ちやすくなる可能性も考えられます。   ⑥屋根・庇(ひさし)の破損   ベランダの上部にある屋根やひさしが破損していた場合、浸入した雨水がサッシまで流れ出します。 雨水に長期間さらされていると、コーキングなどの各部品の劣化が早まって雨漏りが発生することがあります。 マンション・アパートの上階から雨漏りするケース マンションやアパートのベランダの場合、最上階ではなければ真上には上階のベランダがあります。 上階にあるベランダの軒天を確認した結果、水漏れや雨染みを発見したときは、上階のベランダから雨漏りが発生している可能性が考えられます。その雨水が下の階にあるサッシまで流れてくると、下の階でも雨漏りが発生することがあります。     ベランダサッシの雨漏りは、コーキングの劣化や引き違いからの浸水などさまざまな箇所が原因となっている可能性があります。 雨漏りを放置すると建物の劣化にもつながるため、応急処置や業者への修理依頼など早めに対応することをおすすめします。 次回は【自分でできる応急処置】のお話をしたいと思います!   では今日はこの辺で☆彡   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']    

2020.08.27(Thu)

詳しくはこちら

塗装の豆知識新着情報

お得に決済♪福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイント

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/   今日は当社でお取り扱いしている決済方法についてのお知らせです! 各社、クレジットカード・PayPayでの決済方法に加えSugocaなどの交通系電子マネーやID・QUICPayなどの非接触決済にも対応しました! 暑い中、ATMに行く手間も省くこともできますし、ピッとかざすだけで決済完了(^_-)-☆   そしてこんないいところも!   🥇ポイントがたくさん貯まる! 🥈会計がスピーディーに終わる! 🥉普段使っているサービスにポイントが連動している!       などなど魅力がたくさん! 普段のお買い物よりは高額な決済の為ポイントがたくさん付いてこれは使わない手はないかと思います!! 貯まったポイントで何をしようか考えるのも楽しみの1つですよね☆ では今回はこの辺で☺   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']

2020.08.10(Mon)

詳しくはこちら

新着情報

雨漏りについて【基礎知識:軒天編】

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/ さて、今回は軒天の雨漏りについてお話していこうと思います。 軒天とは? 軒天とは、家屋・住宅の外壁から外側に伸びている屋根の裏側(真下)部分にある天井のことを指します。破風板、雨樋、鼻隠し等と同じく付帯部分に属しており、外壁や屋根以外の箇所として塗装の際は分けて考えられます。外壁の外側で天井からはみだして突き出ている部位を「軒」と言い、その裏側が「軒」の天井ということで「軒天」という呼び名がついたようです。   軒天の経年劣化 軒天は色あせや汚れが非常に目立ちやすい場所で、家屋の外側部分の裏ということもあり、雨風や台風の影響で剥がれるなどの不具合が生じることもあります。表面が毛羽立ってしまうことで、家屋の外観が大きく損なわれるデメリットがあります。また、軒天の経年劣化をそのまま放置し塗膜劣化が進行してしまうと、素材を守るためのコーティングの役割を果たせなくなって素材を傷めてしまい、軒天の素材全ての張り替えとなってしまう可能性も出てきます。最悪の場合、野地垂木や野地板、破風板、構造材等までも傷めてしまい、湿気や雨水により水分が溜まりやすくなる致命的な影響を与えます。 軒天のシミ・剥がれは雨漏りの可能性あり!   色褪せ 剥がれ カビ、コケ シミ 破損 この中で最も注意が必要で、一番雨漏りの可能性が高いものが「シミ」です。 シミができているということは、どこかからか水が回ってきていることが考えられます。原因から対処しなければ同じシミが何度も出来てしまうかも。 なので、軒天にシミがある場合は、水がどこからきているのか調査する必要があります。その原因は屋根からの雨漏りであったり、軒樋(のきどい)に落ち葉などが詰まり雨水があふれたためであったり、原因はいろいろです。見た目だけのことではないかもしれませんので、専門家に調査依頼することをお勧めします。 塗料の剥がれ、カビ、コケなどは、その箇所に湿気がたまりやすくなっている、水分がある、ということが考えられます。 環境的な問題の可能性もありますが、雨漏り予備軍の可能性もあります。シミほどの緊急度はありませんが、点検依頼を考えた方がよいでしょう。 破損は、木の枝など何かが当たって起こる場合以外に、内部の腐食によっておこることがあります。原因は何にせよ、穴が開いている場合、そこから虫や小動物の侵入場所となることがありますので、業者に修理を依頼し、原因の特定もしてもらいましょう。 色褪せについては、経年劣化によるものなので、外壁等の塗り替えなどのタイミングに合わせて補修していくとよいでしょう。   実は軒天が快適で安全なお住まいを維持する役割を担っています! もし上記のような状態を見つけたら当社までご相談ください! では次回は【サッシ・窓枠周りからの雨漏り】についてお話したいと思います。皆さんに一日でも早く知っていただきたい内容なのでさくさくアップしていきたいと思います♪ お楽しみに(^_-)-☆   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']    

2020.08.06(Thu)

詳しくはこちら

塗装の豆知識新着情報

雨漏りについて【基礎知識:ベランダ編】

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^^)/ 前回に続き今回は【ベランダの雨漏り】についてお話していこうと思います。 ベランダの雨漏りの原因 ベランダは常に外に面している部分なので、雨風にさらされる機会が非常に多いです。 そのため、気が付かないうちにさまざまな部分が劣化し、雨漏りにつながるケースも考えられます。 そこでまずは、ベランダが雨漏りする原因についてご説明したいと思います。 1.取り合い部からの水漏れ 取り合い部とは、ベランダと住宅部分のつなぎ目のことです。ベランダの壁と外壁や、出入り口となっているサッシ部分などを指しています。 取り合い部をつなぐときは、主にコーキングと呼ばれる充填材が使われます。このコーキングが雨水や砂ぼこりなどで劣化すると破れて隙間ができ、そこから雨漏りが発生する可能性があります。 また、取り合い部をアンカーボルトで固定していることもあります。ボルトが風や地震などで外れかかっていると、隙間ができて雨水が侵入する原因になることがあります。           2.笠木の劣化 笠木とは、ベランダの手すり部分をカバーする部品のことです。壁面を雨から守る役割を果たしています。 笠木が破損したり、浮き上がって隙間ができていると雨水がベランダの壁の中に入り込んでしまいます。侵入した水がさらに内部に染み込むと、1階の壁や天井部分に雨漏りの症状が発生することもあります。  3.排水溝のつまり 排水溝に枯れ葉やゴミなどが溜まっていると、ベランダの水はけが悪くなり床やサッシ部分が劣化する原因となります。 雨天や台風の後になかなかベランダの水が引かない場合は、排水溝が詰まっている可能性が考えられます。雨漏り防止のために、日ごろからこまめに掃除してゴミを取り除いておきましょう。 排水溝が詰まっていないのに雨漏りするケース 排水溝のつまり以外でも、排水溝が原因となって雨漏りするケースがあります。 排水溝は水を流すための部分なので、水が集まりやすくなっています。排水溝自体は水に強くても、その境目は排水溝より早く劣化することがあります。 排水溝の周りの床が剥がれているなどの症状があるときは、その場所が雨漏りの原因となる場合があります。 4.壁や床のひび割れ 屋根や外壁と同じように、ベランダの床や壁にも防水処理が施されています。 しかし、経年劣化や雨風、砂ぼこりなどの影響で耐久性が落ちるとひび割れや剥がれを起こすことがあります。塗装の下にある防水層(防水シート)が破損すると、雨漏りが発生する原因となります。                                                                                                                           自分でできるベランダの雨漏りの応急処置 雨漏りが発生した場合、早めに対処することで住宅の劣化が進むのを防止できます。 専門の業者による修理をすぐに手配することも大切ですが、業者が来るまでの間に自分でも応急処置を行っておくと、被害の拡大をある程度抑えられる可能性があります。 ここでは、DIYでできるベランダ雨漏りの応急処置方法をご紹介したいと思います。 応急処置1.ブルーシートをかぶせる 雨天が続いている場合は、そのままにしているとさらに雨漏りが進行するおそれがあります。 水が侵入している箇所にブルーシートをかぶせて、これ以上雨水が入ってこないように対策をしておきましょう。水の侵入箇所がわからないときでも、とりあえず広範囲にシートをかければ雨漏りが防げる場合もあります。 応急処置2.排水溝の清掃 ベランダの水はけが悪くなっているときは、排水溝の清掃をしてみましょう。 ブラシやたわしなどで見える部分のゴミを取り除く、ワイヤーブラシを使って雨樋や排水管の汚れを取るなどの方法があります。 洗剤を使うと、泡が排水管にあふれてすすぎに苦労する可能性があります。水を流すだけでも効果があるので、できるだけ洗剤の使用は控えましょう。 応急処置3.室内の水気を取り除く ベランダから侵入した雨水が室内にも入り込んでいる場合は、内装の応急処置も行っておきましょう。天井クロスや壁紙の水濡れを放置していると、剥がれやカビの原因にもなります。 水が天井からポタポタと落ちてきているときは、底に雑巾を入れたバケツなどを真下に置いておきましょう。バケツの下に新聞紙やレジャーシートを敷くと、床への水はねを防止できます。 天井のクロスや壁紙、窓サッシが濡れているときは、修理が始まるまで雑巾やタオルでこまめに水気を拭き取るようにしましょう。 ベランダの雨漏りについてはお話しましたので次回はベランダの雨漏りから起こる軒天部分の雨漏りについてお話していこうと思います☆   今日も暑いです(;'∀')しっかり水分補給して一日がんばりましょう!! このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']  

2020.08.05(Wed)

詳しくはこちら

塗装の豆知識新着情報

雨漏りについて 【基礎知識:原因編】

こんにちは 福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントスタッフの石橋です\(^ 九州地方の梅雨が明けて以降、連日猛暑が続いていますね。 私も最近は現場のほうに同行することがありますがじっとしているだけでも汗だくです。 コロナの影響で皆さんもマスク生活をされていることとは思いますがくれぐれも熱中症にはお気をつけください!   さて今回は、雨漏りの【基礎知識:原因編】 として少しお話していきたいと思います。   なぜ雨漏りするのか? 雨漏りの原因・発生要因 雨漏りとは雨水が建物の内部へ意図しない場所から侵入することを言いますが、ひとことで雨漏りと言っても、実に様々な原因によって引き起こされます。また、老朽化した建物だけではなく、比較的に築年数の新しい建物でも雨漏りが発生する事も珍しくありません。 既存建物の経年変化による老朽化及び劣化 外的要因(地震発生・地盤沈下・その他) 意匠デザイン優先で雨漏りに対する配慮が不十分な設計および構造。 設計時・新築時の想定をこえた局地的豪雨や大型台風などの気候変動 新築時の手抜き工事による不具合や欠陥。                  建物の維持管理ができていない。(チェック不足やメンテナンス不足。)  なぜ雨漏りが止まらないのか? 雨漏りの仕組みを充分認識していない業者に工事を依頼 工事を手掛ける際、建物全体の状況を充分に把握しないで工事を行う 雨漏り原因を究明せずに、安易な防水工事や修理を行う 何度も修理をしたのにまた雨漏りする この様な経験をされた方も多い事でしょう。ではなぜ雨漏りが止まらないのか? 答えは簡単です。それは雨漏りの原因箇所が特定できてないからです。また、雨漏りの侵入口が1ヵ所だと思われていたが、実際は複数だった場合もあります。確実に雨漏りを止めるには、原因箇所をしっかり特定することが大切です。 雨漏りの原因によって、様々な補修方法が考えられます。思い込みによる「たぶんここが原因だろう」では、確実な補修が出来ません。思い込みなどによる見当違いの補修や、簡易的なシリコンシーリング材の充填などでは雨漏りは必ず再発します。 雨漏りの二次被害 家主様が気付かないほどのわずかな雨漏りで、木材やコンクリートや鉄骨などの建材は劣化します。長期の雨漏りによって建物の寿命が縮まるばかりか、木材が腐朽しシロアリが住みついてしまうことや、カビの発生によりアレルギーなどの健康被害を受けるなど、雨漏りの二次被害が心配されます。   雨漏りと木材の腐朽は深い関係にあると言えます。空気中に漂う木材を腐朽させる能力のある菌(木材腐朽菌)の胞子が、含水率の高い木材にて発芽し腐朽が始まるのです。一方で乾燥状態にある木材では菌類による劣化がほとんど生じません。また、木材が腐朽をはじめるとシロアリを誘引する物質が生産される事が知られています。   当たり前の事ですが、建物も人間の身体と同じように早期発見・早期治療が最善の老化防止策です。雨漏りにおいても発見・対処が早いほど、被害や補修費用も少なく済みます。   少し長くなってしまいましたので今回はこの辺で… では次回はベランダの雨漏りについてお話しようと思います☆   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']

2020.08.04(Tue)

詳しくはこちら

石橋のつぶやき塗装の豆知識新着情報

お盆休みのお知らせ

こんにちは、福岡市・糸島市の屋根塗装・外壁塗装専門店ユーペイントです。   平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。 弊社のお盆休みについて下記の通りお知らせいたします。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご容赦願います。   お盆休み期間 8月13日(木)~ 8月15日(土)    8月16日(日) より通常営業となります。   暑い日が続いておりますが、皆様もお体に十分に気を付けてお過ごしください。   このブログでは 現場での作業内容 受付スタッフの日記 塗装に関する豆知識 塗装をお考えの方向けのタメになる話 など、ジャンルを問わず、いろんな視点から情報発信していきます。 福岡市・糸島市の外壁塗装・屋根塗装のことなら塗装専門店のユーペイントへご連絡お待ちしております。 [myphp file='comContactTel']

2020.08.04(Tue)

詳しくはこちら

新着情報

U-PAINTのホームページへお越し頂きありがとうございます

U-PAINT店長 山口 博城

HIROKI YAMAGUCHI

新着情報での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社ユーペイントにご相談ください!

「人生を楽しむ」

その答えはお客様、そして我々にとって「人」の数だけ答えがあると思います。
そして「今ある現状をさらに良くしていきたい」という思いは共通しているのではないでしょうか。

家を建てる、もしくは買う。
そんな人生においての一大イベントを終え、ご家族の環境にも様々な変化が訪れた頃。
私たちはこのタイミングで社会に貢献できると考えております。

  • 今の暮らしを維持する為に塗装を考えている
  • 次世代に引き継ぐため、最後の仕事として塗装を考えている
  • 売却する際、少しでも評価額を上げるため、塗装を考えている

つまり、お客様の数だけ「答え」があるということです。
塗料には数えきれないほどの種類があり、さらにはメーカー、塗り方まで考えると組み合わせは無限大です。
そして塗装サービスを行う企業様も近年増えてまいりました。
このような中で、お客様の立場からすると

  • どこに頼んでよいかわからない
  • どんな塗料を使えばよいかわからない
  • 適正な価格はいくらなのかわからない

といった「悩み」がでてきます。

当社は、まるでもう一度家づくりをするかのように、お客様が抱える「悩み」を「楽しみ」に変えたい
そんな想いで塗装サービスをお届けしております。

ディズニーランドに客船に乗って風と景色を楽しむ「マーク・トウェイン号」があります。
マーク・トウェイン氏はアメリカ現代文学の祖とも言われる方で、ノーベル文学賞を受賞した偉大な作家の方々から尊敬されるすごい方でもあり、数々の名言を残されています。

自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ。

– マーク・トウェイン –

「まず何事も自分から与えていこう。与える人にあらゆるものが集まっていくよ」という考え方です。

「for you」の精神

当社は
「for you」の精神を持って塗装を通じた幸せをお届けします
という理念を持ち
お客様が抱える「悩み」に真剣に向き合い、今までの経験・知識・技術を惜しむことなくお客様へ提供し続けます。

お客様がいてこその会社であり、その想いが廻り巡って大きくなり、会社へ返ってくる事で、当社の発展、社会の貢献、社員の幸せにつながると信じています。

コツコツ。コツコツ。一歩ずつ。
福岡市・糸島市とエリアは限られますが、誠心誠意、お客様にとってのベストを考え、日々精進してまいりますので、どうぞ末永く、よろしくお願い申し上げます。

相談無料 見積無料 診断無料

0120-92-7754
営業時間 9:00-18:00(年中無休)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

U-PAINTのHPをご覧の皆様へ

  • 初めての塗り替えをお考えの方へ
  • 業者選びにお悩みの方はこちら
  • U-PAINTが選ばれる理由
  • 屋根塗装・外壁塗装価格表はこちら
  • U-PAINTの無料建物診断・お見積り
最適な施工プランのご紹介

U-PAINTブログSTAFF BLOG

一覧はこちら

U-PAINTが選ばれる理由
アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!

お見積・資料請求はこちらから

0120-92-7754営業時間 9:00-18:00(年中無休)

お問い合わせフォーム

U-PAINT 福岡市・糸島市密着の
外壁塗装・屋根塗装専門店
U-PAINT

〒819-0038 福岡県福岡市西区羽根戸168-1
TEL:092-707-5400
FAX:092-707-5402

対応エリア

対応エリア図
協力会社様募集中!